2018年9月15日

F1的な就職活動のススメ【英語の重要性その①】

[前回のブログ]
[重要なお知らせ(Important notification)]

今回のブログのテーマはズバリ『英語』です。このテーマで書き始めてみたところ、どうも一回きりでは書き切れなさそうだったので、複数回に渡って英語をテーマに書いていこうと思います。

さて、先日のport Fさん主催のトークイベントでは参加者の方々から事前に質問を募りましたが、『どうやって英語を勉強しましたか?』という質問がとても多く、英語学習への関心が高いことが分かりました。トークイベントを通じてその質問にお答えすることはできるものの、トークイベントが英語セミナーになってしまうのはちょっと(汗)…と感じたことと、その答えはより多くの人に伝えた方が良いと考え、ブログテーマとしてお答えすることにしました。

英語リーディングもF1関係ならヤル気が出るかも?

しかし、英語学習のプロではない僕が自分の学習方法を紹介しても、ちょっとした参考にしかならないと思うので、英語を身に着けたことで何が変わったのか?F1を目指す上でなぜ英語が重要なのか?そのことと併せて書き下ろしてみたいと思います。



僕の英語の歴史

最近は幼稚園の頃から子供を英語教室に通わせるなど、幼少期からの英語教育が流行っていますね。一方、すでにアラフォーの僕が英語学習を始めたのは中学一年生から。完全に基礎言語が日本語の純粋な日本人です(汗)。

学生生活で実際に外国人とコミュニケーションした経験はほぼゼロで、英語は学校で学ぶ科目の一つに過ぎませんでした。中学生以降はとにかく受験を切り抜けるために仕方なく勉強していました。数学、物理、化学は好きだったのですが、普段から使い道がほとんどない英語は僕にとって楽しくない科目の一つでした。

話が恐ろしく逸れますが、国語もあまり好きな科目ではありませんでした。特にセンター試験の国語ですね。物語文をテーマとした問題で『この時の主人公Aの気持ちとして適切なものを次から選べ。』という設問をよく見かけますが、『いや、俺、主人公Aじゃないし気持なんか分からんし。』…結果、自分の価値観で選び得点が伸びないという困った学生でした(汗)。

話を元に戻します。実は大学時代に父親から『1年くらい休学して海外の大学に留学してみたらどう?』という提案をされたことがあったのですが、僕はその提案に対して『今はカートレース活動の方が大事だし、留学費用を出してくれるくらいならレース活動の資金として提供してくれる方がありがたいよ!』と返答したのです。


Oxford University Christ church college
今となっては調子に乗ったこの発言を猛省することしきりですが、内心では『日本語の通用しない世界に踏み出すなんて恐くてできっこないよ!』と思っていました。もし、かつての自分に会うことができるのであれば『留学もいいぞ~』と間違いなく説得していたと思いますが(笑)。

と、ここまでの僕の経緯を知れば、僕が最初から英語達者ではなかったことが分かると思います(ある意味、国語もですが…汗)。いわゆる『学校では勉強したけど、英会話とかは全然ダメ!』そういったごく普通の日本人でした。ちなみに初海外は2005年の28歳の時で、当時勤務していた三菱自動車で出張としてイギリスに渡りました。完全に日本語の通じない世界に初めて踏み入った時のあの緊張感は忘れることができません。





英語学習のキッカケ

きっかけは就職活動です。これまた普通のキッカケですね(汗)。しかもご多分に漏れず、まずはTOEICの受験から始めるという王道パターン。当時は今ほどTOEICの点数が企業採用として重要視されていなかったため、純粋に就職活動のためというよりも英語力確認のためにTOEICを初受験(確か2002年)したことを記憶しています。

余談ですが、僕がかつて勤務していた日産自動車は、現在は新卒入社時にTOEICで700点以上が求められるそうです。ルノーとのアライアンスのためか、これまで以上に業務で英語を使う機会が増えており、要求レベルは年々高まっているようです。

(引用元:国際ビジネスコミュニケーション協会公式サイト)

閑話休題。就職活動をキッカケに英語勉強を再開することになったのですが、TOEICに対してはあるポリシーを持って取り組んでいました。それは『TOEICのための勉強はしない』ということです。いずれF1の世界で働くために必要なのは、コミュニケーションツールとしての英語力でありTOEICの点数ではないと考えたからです。あくまでTOEICは実力を測るためのモノサシにしか過ぎません。

ちなみにTOEIC初受験の時のスコアは510点でした。リスニングとリーディングの点数は覚えていませんが、リスニングの方が少しだけ良かったと記憶しています。この点数レベルで確実に言えるのは、大学生の頃の自分にはイギリスでエンジニアとして働けるだけの英語力は全くなかったということです。




そんな僕が今となっては英語をそれなりに使いこなしてF1エンジニアとして働いているわけですから世の中分からないものです。大学生の頃はこんな風になっていることなど想像すらできませんでしたし、そもそもその頃の僕の予定ではホンダでF1やってるはずでした(笑)。

次回のブログでは、TOEICスコア500点台からどのようにして英語力を向上させていったのか?具体的な取り組み方を紹介しようと思います。

[つづきはコチラ]

0 件のコメント:

コメントを投稿