2018年10月13日

F1的な就職活動のススメ【英語の重要性その③】

[前回のブログ]
[重要なお知らせ(Important notification)]

身近になりつつある英語の存在


今回のブログでは僕がこれまでに『英語の勉強を続けて良かったなぁ』と感じたことを紹介したいと思います。今、僕は英語を使って仕事をしていますが、ただそれだけで英語を学んだ価値があったとは思いません。F1の世界へと繋がる道程の中で、英語力があったからこそ得られたチャンスがたくさんありました。

僕の好きなOxfordの街並み
ところで、日本に帰国するたびにいつも感じることがあります。それは『来日する外国人がたくさんいるなぁ』ということです。僕が社会人になった時(2003年)にはこんなことを感じたことはなかったのですが、いよいよ日本国内でも英語力を活用するチャンスが増えてきたようです。グッと世界が近づいた感じがして良いと思いますが、皆さんはどうでしょうか?

世界の拡張と情報収集


英語を身に着けたことによって『世界が拡がった』とは多くの人が言っているかと思いますが、僕もそう感じることのできた一人でした。外国人の友達ができた時、その友達と一緒にどこかへ遊びにいった時、そして海外出張などでその友達と再会した時、様々なシーンで世界の拡がりを感じることができましたが、それ以上に重要な世界の拡がりがありました。

それは英語で書かれた『情報の世界』です。

F1エンジニアになって以来、F1へのキャリアについての質問をたくさん頂きましたが、実を言うと頂いた質問の答えの多くはGoogleで英語検索すれば簡単に手に入る情報ばかりでした。必要としている情報はすぐ身近に存在しているのに、そのことに気付けない…これは本当にもったいないと思います。

一つの例を挙げてみたいと思います。

ヨーロッパで就職する場合、CVと呼ばれる履歴書を人事に提出する必要があるのですが、日本の履歴書とは全く異なるフォーマットのため、そもそもどうやって書いたら良いのか分からないという人が少なくありません。こんな時にちょっとした英語力と情報検索リテラシーがあれば、知りたい情報に簡単に辿り着くことができます。

その情報へのアクセスの仕方のサンプルがコレ↓です。

"CV How to write"
情報へのトビラ
CVという単語に対してたった三つの単語"How to write"を付け加えて検索するだけで、目的とする情報に容易に到達することができます。このようなスキルはいったん身に着けてしまえば当たり前のように活用するようになるのですが、それが当たり前になるまではちょっと時間が掛かるかも知れません。

僕の場合、ゆっくりながらも英語を地道に勉強し続けた結果、日本語だけでは得ることの難しい貴重な情報に辿り着けるようになりました。


可能性を掴み獲る力


ブログの内容を考えている時、僕はヒントとなるアイデアを備忘録がわりにTwitterでつぶやくことがあります。今回のブログはまさにそのパターンなのですが、ここで次の僕のTweetを読んで下さい。


実はこのTweetに書いた『自分の力』は『英語力』を意図したものです。これまでのブログでも紹介したように、F1を目指す道程でたくさんの出会いがありました。その中には自分のキャリアを大きく左右した貴重な出会いもあり、英語を学びヨーロッパ圏の文化を知ったからこそ得られた出会いでした。

人との出会いなど将来の可能性に繋がるチャンスは、常に身近なところに存在していると僕は考えています。そのチャンスに気付けるようになるには、いくつかの『力』が必要となりますが、僕にとっての英語は外国人とのコミュニケーションツールとしてだけでなく、チャンスを掴み獲るために絶対に欠かすことのできない重要な力となったのです。

手遅れになる前に…


見えてこないチャンスのために英語学習のモチベーション維持することはとても難しいですし、不安を覚えることもあるでしょう。逆に人によっては『英語は必要な時になったら、その時に必死に勉強すればいいや~』と思って、手つかずのままでいる人もいるかも知れません。

しかし、これだけは覚えておいてください。とても残酷なことにチャンスというものは無限に存在するものではなく絶対的に有限です。そして、時間が経てば経つほどチャンスは失われていくのです。そうならないためにも『見えない可能性はいずれ見えてくるようになる!』と思い込み、将来訪れるであろうチャンスを確実に仕留められるよう、若い頃から準備しておくことを強くオススメします。

…と、ちょっと重い感じで書いてしまいましたが(汗)、英語を学ぶことは目標が何であれ、人生に少なからずプラスをもたらしてくれると思います。皆さんにとっても英語がそんな存在になってくれることを切に願っています。

情熱の炎は絶やしてはならないが…
3回に渡って英語の重要性について書き綴ってきましたが、いかがでしたでしょうか?F1を目指す皆さんにとってこの3回のブログが英語学習のモチベーションに繋がってくれれば幸いです。

次回以降のブログではF1チームへの応募方法やCV(履歴書)、Cover letter(挨拶状)などについて書く予定です。F1への情熱だけを伝えても採用してくれないのがF1チームへの就職というもの。どんなポジションであれF1チームの契約オファーを獲得するには、自分の実力をCVやCover letterでどう伝えるのかがとても重要になります。

それでは次回更新をどうぞお楽しみに!

[つづきはコチラ]

3 件のコメント:

  1. 2019年もご活躍楽しみにしております。

    英語の勉強の仕方や就職の心構え、大変勉強になります。
    突然のご質問恐縮なのですが、Racing Pointの面接を受けられる前後で、IELTSのスコアはどれくらいを取得されていましたか?

    (F1のチームにジョインできるとかもはや雲の上のお話ですが、
    ショボいなりに、自分もヨーロッパでの就職を目標にはしてはいるものの、CVに興味を持って返事をいただけても、その後のメールのやりとりと電話応対の時点で英語力が問題視されてしまって話が立ち消えになるケースが複数回あって、あとどの程度「書く・話す」を身につければドイツ等企業の面接に呼んでもらえるのか、悩んでいる次第でした)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      IELTSのスコアですが、当時はアベレージで6.5くらいだったと思います。あまり対策をしていなかったこともありますが、Speakingが7.0でその他が全体のスコアの足を引っ張るようなスコアバランスでした。めちゃくちゃ英語が出来るというほどでもなく、海外大学への留学に求められる最低限の実力でした。

      面接に呼ばれるレベルを具体的に定義することは出来ませんが、英会話学校の先生かネイティブの方に模擬面接をお願いしたり、これまでのメールのやり取りを見てもらいアドバイスをもらうと良いのではないでしょうか?

      まずはご自身の英語力の課題を、第三者の視点を交えながら洗い出してみることをオススメします。

      削除
    2. シーズンスタートの大変お忙しい最中にも関わらず、迅速かつ大変丁寧なご回答、ありがとうございます。


      > 当時はアベレージで6.5くらいだったと思います。

      なるほど、最低限やはりそれくらいが目安であるべきなのですね。

      恐らくまだ自分のレベルだと年単位、それも数年単位でかかるだろうということが分かったのですが、具体的なギャップが見えました。
      (IELTSはしばらく受けていないのですが、現状TOEIC800程度、スピーキングが壊滅的、という自分の現状と実用英語(つまりIELTSの6.5くらい)の溝の深さと広さ(笑)が実感として掴めた感じです)



      > これまでのメールのやり取りを見てもらいアドバイスをもらうと良いのではないでしょうか?

      はい、ご教示いただいた通り、早急に、先生もしくはネイティブの方にチェックしてもらい、改善策を検討します。
      ずっと一人でやってきて行き詰まりを感じていたものの、次にどこへ踏み出せば良いのか分からなくなってしまっていたので、第三者の視点が大事とのご指摘は正にその通りでした。

      コメントいただいたことにより、モチベーションと具体的な数値目標ができました。
      本当にありがとうございます。
      頑張ってみたいと思います。


      ブログも引き続き楽しみに拝見いたします。


      <追記>
      次はシンガポールですね。
      チームのポイント獲得、期待しております。


      <追記2>
      実は某"因縁の"会社の出身ですが、現在は全然関係ない業界に沈没している身上です。

      削除