2018年2月4日

空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイとは①

[重要なお知らせ(Important notification)]

F1エンジニアとして現在最も知名度のある人と言えば、誰しもが同じ人物を挙げるでしょう。そう、エイドリアン・ニューウェイ(Adrian Newey)です。『空力の鬼才』と呼ばれており、これまでにウィリアムズ、マクラーレン、レッドブルでチャンピオンマシンを手掛けたことで有名です。

個人的に一番印象に残っている彼の手掛けたF1マシンと言えば、90年フランスGPでイヴァン・カペリを2位表彰台へと導いたレイトンハウスCG901です。その美しさに惚れ、タミヤの1/20スケールのプラモデルを買って作り上げては見惚れていました。

(Red Bull Technology:著者撮影)

と、ここまで書いたことはネット上で良く見かける情報であり、誰しもが同様の想い出を持っているかと思います。恥ずかしながら僕はニューウェイについて、それ以上の大した知識はありませんでした。しかし、つい先日とあることがきっかけでニューウェイの驚異的な逸話を耳にする機会に恵まれたのです。




RBT空力エンジニアとの偶然の出会い


僕の週末の楽しみの一つはMilton Keynesのレンタルカートサーキットでオープンレースに参加することです。その日はたまたま天気が良かったので、ネットで事前予約をしてサーキットに出掛けました。するとサーキットには見覚えのある参加者が一人いました。

(DAYTONA Milton Keynes:著者撮影)

彼の名前はダレンといいます。昨年たまたま同じオープンレースに参加して"負けた"相手ですが、その彼とは気さくに会話を交わす仲になっていました。そのダレンの仕事はRed Bull Technologyの空力エンジニアで10年以上F1業界で働いた経験を持つ人です。

そんな彼と2018年シーズンの展望についてオープンレース前に語り合っていました。そこで以前から気になっていたことを聞いてみました。『ニューウェイさんは今年のマシン開発にはどれだけ関わっているの?』と。

彼の答えはこうでした。『去年のマシンまではアドバイザー的な立場だったけど、今年のマシンは彼が大きく関与している。だから間違いなく速いよ。』

(Williams Grand Prix Ltd:著者撮影)
いやいや、ちょっと待って。『間違いなく速い』と言い切る彼に驚きを感じたので、さらに質問をしてみました。

『現代のF1マシンはCFD(数値流体力学)と風洞をフル活用して空力性能を開発するのが当たり前だけど、ニューウェイさんはCFDに強いわけでもないのに、なぜ速くなると言い切れるの?』と。この質問に対するダレンの答えは僕の想像を超えるものでした。。。

[続きはコチラ]


0 件のコメント:

コメントを投稿