2018年4月29日

僕がF1エンジニアになるまで【日産自動車時代編③】

[前回のブログ]
[重要なお知らせ(Important notification)]

期待値を超えろ!


日産社内の人事制度、オープンエントリーによって決まった統合CAE部への異動。 それまでの職場は日産先進技術開発センターでしたが、初めて日産テクニカルセンター所属となりました。 勤務エリアも変わり、久しぶりに車両運動性能の仕事に携われるということもあって心躍っていました。 しかし、うかれてばかりはいられません。何せF1を目指しているわけですから、それ相応の成果を出せなくてはなりませんし、 仕事のスピード感も大切です。そこで異動と同時に新たな行動テーマを持つことにしました。

イギリス出張時の一コマ
そのテーマは『Over the expectations(期待値を超えろ!)』です。 周囲からの期待値を圧倒的に超えることは簡単ではありませんが、少しでも良いから期待値を超える成果を出すことで会社に貢献してみようという試みです。

噛み合い始めた歯車と成果


日産に入社して以来、貪欲にエンジニアとして成長することに没頭してきた結果、入社当時に比べるとずいぶん出来ることが増えてきた実感がありました。

加えて前回のブログでも紹介したように、物事の『本質を見極めること』を心掛けるようにした結果、新しい部署での仕事は日を追うごとに広がりを見せてきました。そして、嬉しいことに仕事での『楽しい!』という感情が久しぶりに戻ってきたのです。

性能最適化に携わったエクストレイル(引用元:日産自動車公式サイト)
そんなポジティブな好循環は新たなチャレンジの機会も運んできてくれました。空力性能CAE解析チームとのコラボ業務も任されることなったのです。 F1は車両運動性能と空力性能は絶対的な関連性があるだけに、空力性能に仕事で関われることは正に願ったり叶ったりでした。

気がつくと僕の仕事は車両運動性能シミュレーションだけでなく、イギリスやスペインでの空力走行実験の統括リーダー、スーパーコンピュータによるCAE解析プロジェクトへの参加など、驚くほど拡がっていたのです。

しかも、いずれの仕事も社内で過去に前例がない、または世界初とも言えるシミュレーション技術開発でチャレンジングな仕事に取り組む日々でした。 元来、会社で仕事することは全く苦痛ではないのですが、この頃は仕事が楽しくて仕方ありませんでした。オープンエントリーで掴んだ統合CAE部への異動。 自分でこう書くのも何ですが、今では最高の決断をすることができたと思っています。


最高の支えとなった人間関係


統合CAE部への異動が実現したこと、チャレンジングな仕事の機会に恵まれこと、このようなキャリアステップは僕の想いだけで掴み獲れたわけでは決してありません。 当時の統合CAE部の部長を始めとした管理職の皆さんが、僕を信用して仕事を任せてくれ、働きやすいようにサポートしてくれたのです。 また、当時の統合CAE部の同僚に始まり、実験部、実験技術開発部、パワートレイン開発部、関連子会社、CAE関連のソフトウェア会社、本当に多くの方々のサポートに支えて頂くことができました。

日産テクニカルセンター(引用元:日産チャンネル23ブログ)
今思えば、この頃は最も多くの方々と仕事でお付き合いのあった頃だと思います。 しかも、その全ての方々が前向きに仕事に協力して頂けたことは感謝の極みと言っても過言ではありません。 こういった支えがあったからこそ、僕にとって日産自動車はエンジニアとしてのホームグラウンドであり、本当に素晴らしい会社だったと自信を持って言えます。

F1入りに向け、いよいよ再始動。


統合CAE部で懸命に仕事に取り組む日々を過ごした結果、ある時から仕事において変化が見られるようになりました。 それは『周囲から頼りにされるようになった』ことです。同僚だけでなく、他部署や関連会社の方々からも『ちょっとお願いしたいことが…』といったお話を頂くことが増えてきたのです。

この実感を得たことで、あの思いが復活してきました。そう、F1への思いです。今の自分なら可能性があるかも知れない…そう思い、本格的にF1チームへの転職活動を始めることを決意したのです。

VJM08 Photo By Keisuke Kariya (引用元:Wikipedia)
任せてもらった仕事で多忙な日々を送ってはいましたが、毎晩のようにF1チームの求人情報をチェックしつつも履歴書作りに励む日々が始まりました。 とにもかくにも『F1』を目指す日がようやく訪れたのですが、そう簡単に事が運ばないのが世の常です。またしても新たな壁にぶつかることになるのです。

[つづきはコチラ]

0 件のコメント:

コメントを投稿